ビジターカウンター
FC2ブログ
 
■ プロフィール

太田愼吾

編集長 : 太田愼吾
 二級建築士、宅地建物取引士
 住宅の企画・設計・施工管理
 静岡県中部の島田市で
 工務店に勤務

 

■カテゴリー
■リンク
■カウント

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
場所と戦略は経済活動であっても切り離せない 
■□ 我々には知らされていないことがたくさんあるのだ □■

「なかなか難しい本を読んでるね。」と言うのは掛川市にある美容院「ベル」の店長であるM。彼とは中学校時代にバンドを組んで以来だから、かれこれ30年以上の長い付き合いになる。心を許せる数少ない友人のひとりだ。彼はそういいながらも、私にあれこれと話しかけ、最近特にうれしいことがあったらしく頭髪をカットしている間も始終上機嫌で私に本の続きを読ませる隙を最後まで与えなかった。

その本とは全9巻のうちやっと5巻目半ばまで読み終わった山岡荘八の「小説 太平洋戦争」である。

小説 太平洋戦争〈1〉 (山岡荘八歴史文庫)小説 太平洋戦争〈1〉 (山岡荘八歴史文庫)
(1986/12)
山岡 荘八

商品詳細を見る


「いや、学校の歴史の授業って近代史を教えないからね。知りたいんだよ。今の日本が何でこうなっちゃったのか。」
そんな深刻ぶることもないのだが、身の回りのことだけに縛られたくないという気持ちがある。

しかしながら戦国時代物や戦争物を読む上で何が大変かといえば、地理を頭に入れて思考するという訓練が出来ていないことにつきる。これはたぶん自分だけが特別苦手なのだろうと思い込んでいたのだが、そうでもないような記述に最近あちこちで出くわしている。

btn040-2.gif 「地政学」という世界的スタンダードである学問があるのをご存知だろうか。
政治現象と地理的条件との関係を研究する学問で、一国のとりうる外交・防衛政策はイデオロギーなどとは無関係に、その国に与えられた地理的条件で自動的に決定されるという考え方だ。これはイギリスの学者マッキンダーが1919年に唱えた「ハートランド理論」に始まる。アメリカの第二次大戦における日本占領、沖縄、韓国などへの米軍基地建設や台湾への軍事援助はすべて、根本的にはこの理論に基づいており、自由主義思想や民主主義思想は二義的な役割しか果たしていないという。

その「地政学」が日本にないのはなぜか。「地政学」は日本では大東亜共栄圏の理論的な裏づけとなったとして、戦後連合国軍総司令部(GHQ)により禁止され、ずっとタブー視されてきたためだ。これについては、たしか評論家の大前研一氏も言っていたように、戦後の日本人である我々は大事な戦略思考が出来ないように骨抜きにされてしまっているのは間違いない。
btn040-2.gif 参考ページ

そんなことを考えつつ、しばらく前のことになるがbtn040-2.gif 大井川の鉄橋を越えるときに夕焼けが素晴らしかったので運転しながら映像に納めたことを思い出した。大井川は『箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川』といわれたように、東海道屈指の難所であり、地理的に大きな障害になってきた。考えてみれば、大井川の西側と東側ではその風土も住まう人の気質も文化も微妙に食い違っているのはよく話題にしている。掛川に住む私にとっては東側の人間は異邦人であるのかもしれない。



テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

日常雑記 | 23:00:57

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。