ビジターカウンター
 
■ プロフィール

太田愼吾

編集長 : 太田愼吾
 二級建築士、宅地建物取引士
 住宅の企画・設計・施工管理
 静岡県中部の島田市で
 工務店に勤務

 

■カテゴリー
■リンク
■カウント

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
山本兼一著「火天の城」 建築現場のリアリティーに胃が痛くなった
■□ やっていることの本質は今も同じか □■

山本兼一著「火天の城」を読んだ。
織田信長が五重の天守閣、安土城の築城という巨大プロジェクトを城大工の棟梁父子、岡部又右衛門と以俊(もちとし)に命じた物語だ。

btn040-2.gif 現在上映中の西田敏行主演の「火天の城」を観に行く予定だったが、休みが取れずなかなか行けない。それよりも前に原作を読んでしまった。映画を観終わった後でもう一度記事にしたいと思うが、木造建築に携るものにとって胃が痛くなるようなリアリティーにあふれた作品だったと申し上げておこう。

面白くて飯を食うのももどかしいという風に1日で一気に小説を読んだのは久しぶりだ。後で計算したら一冊430ページのものを8時間ぐらいで読んだから1時間当たり54ページづつぐらいのペースで読んだことになる。1分間で1ページといったスピードだ。それが8時間続く。

うーむ、速読には程遠いな。

火天の城火天の城
(2004/06)
山本 兼一

商品詳細を見る


btn040-2.gif ☆☆ コメント、トラックバックも大歓迎!メールでの問い合わせはこちらから ☆☆
btn040-2.gif コバヤシ建築の「木の家」 【www.kigumix.com】では建築画像をどっさり公開中

木の住まい コバヤシ建築


テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

日常雑記 | 23:26:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。